事業紹介

システム開発支援

IT社会に生きる私たちにとって、システムはなくてはならないものとなりました。 

私たちの生活では多くのミッションクリティカルシステムが利用されています。 

弊社では、ミッションクリティカルシステムに必要とされる、

「高品質」「信頼性」「安定稼働」をサポートするサービスをおこなっております。

システム開発支援

事業内容

貴社のシステム開発において、弊社持ち帰りまたは貴社指定場所に常駐しながらご要望に応じたサポートをさせて頂きます。

ワークフロー

システム開発は、主に以下の手順で行われます。

・要件分析 / 要件定義

・外部設計(基本設計)

・内部設計(詳細設計)

・プログラミング

・単体テスト

・結合テスト

・システムテスト

・運用テスト

・運用・サポート

サービス詳細

要件分析/要件定義

まずは、どういったシステムが求められているのかをクライアントからヒアリングし把握します(要件分析)。
要件分析によって把握したクライアントの課題解決のために必要なシステムが何かを考えます。どの部分をシステム化するのかを決定し、ハードウェアの構造やソフトウェアの機能を検討します(要件定義)。 同時に工期や予算についても決定する必要があります。

外部設計(基本設計)

要件定義に従ってシステムで実現させたい機能を決定します。データの入出力画面など、全体のインターフェースを設計することとなりますので、クライアントとしっかりと打ち合わせをしながら、ユーザー目線で作成していく必要があります。

内部設計(詳細設計)

外部設計で決定した機能の具体的な作成方法を細かく設計して、システム仕様書を作成します。
仕様書をもとにプログラミングが行われるので、仕様書はこの段階で詳細に書く必要があります。

プログラミング

作成した仕様書にしたがい、プログラミングを行っていきます。
仕様書には必要最低限の内容しか記載されていないことが多いですが、その都度打合せ等をしながら進めていきます。

テスト

プログラミングが完了するとテストを実施します。テストで不具合が見つかれば、
その部分を修正してまたテストをおこなう、というように不具合がなくなるまでテストを繰り返していきます。

– 運用・サポート –

納品した後も、システムの不具合や追加の要望などに対応するやメンテナンスの必要があれば都度施します。

プロジェクト管理支援

プロジェクトを管理するということは、プロジェクトの目標を定義し、その目標までの道のりの計画を練り、達成までコントロールしていくことです。

こうした一連のプロジェクトの計画・実行の責任者として、プロジェクトマネージャーを任命し、そのプロジェクトマネージャーを支援する役割として、プロジェクトマネジメントオフィス(Project Management Office)を設置します。

このようなマネジメント基盤を持つことで、プロジェクトの成功率を高め、さらには組織の継続的なマネジメント力の向上につながります。

プロジェクト管理には、主に以下のようなものが挙げられます。

  • プロジェクト間調整
  • 工程管理 / 工数管理
  • 人材コスト可視化
  • 品質管理
  • 性能評価
  • 知的財産管理(ナレッジマネジメント)

プロジェクト間調整

大規模な案件の場合、複数のプロジェクトが絡み合うケースがあります。

このようなケースの場合はプロジェクト間で問題が発生しないように調整を行うことが必要となります。

ココノスでは全体を横断的に俯瞰してボトルネックとなりうるポイントを事前に把握し、プロジェクト間の調整を行うことが可能です。

工程管理 / 工数管理

プロジェクトの成功において重要な事は、当該プロジェクトがどのような工程で、どのくらいの工数、人数がかかるかを算出して全体像を把握し進めていく事です。

この全体像を見誤ると、作業タスクがないのにも関わらず技術者の人数が過多になってしまう、もしくは、作業タスクが多すぎて技術者の人数が足りず、一人当たりの負担が大きくなってしまう事象が発生する可能性があります。

ココノスでは都度状況が変わる可能性を加味し臨機応変かつ柔軟な対応を行うことが可能です。

人材コスト可視化

プロジェクトに予算は付き物であり、プロジェクトの途中から大幅に予算が追加されるケースというのは通常はあまりありません。

決められた予算の中でプロジェクトを完遂するには、どの工程にどのような技術者がかかわっているか、また、工程の内容と技術者のレベルはマッチしているかといった事を常に把握する必要があります。

ココノスでは工程の内容と技術者のレベルがアンマッチとならないように、各工程での技術者コストをドキュメントにて可視化することが可能です。

品質管理

設計品質が良くない場合、開発工程、テスト工程にて多くのやり直しが発生して、プロジェクト内のタスクを急激に逼迫させる可能性があります。

そのような事象を発生させないように、各工程において先工程に進んでよいかを決める判定会を行うことが推奨されます。

ココノスでは終了基準を作成し、判定会の開催支援が可能です。

性能評価

開発したアプリケーションが性能要件を満たしておらず、チューニングでも改善できない場合、性能改善のための追加タスクが発生するケースがあります。

そのようなことにならないように、性能評価の有識者が設計段階から関わることが望ましいとされています。

ココノスでは性能評価の有識者を保有しており、これまでの経験を踏まえて性能面の支援を行うことが可能です。

知的財産管理(ナレッジマネジメント)

プロジェクト完遂までの過程で経験した知識やノウハウを、ドキュメンテーションし、組織全体で共有する事で、全社的なノウハウ・スキルの底上げ、ノウハウ伝承が可能となります。

ココノスでは知識やノウハウを見やすくわかりやすいドキュメントにして共有することが可能です。

保守・運用支援

システムが正常な稼働を続けるには、それを支える継続的な活動が必要です。

システム保守・運用では、継続的にシステムの状態を監視し、システムの異常や故障予兆の検知を行います。

このようなシステム監視の活動により、システムの状況が可視化され、サービス停止等のリスクに素早く気付き、対策を行うことが可能になります。

また、障害の原因を突き止め、ソフトウェア要因であれば回避プログラムの適応や、リソース不足・経年劣化等の問題であれば

ハードウェアの更新などといった、システムに潜む問題点を継続的に改善していくことがサービスの安定提供につながります。

システムを安定稼働する上で必要な運用設計として、主に挙げられる以下の3点をご紹介します。

  • ハードウェア保守業務
  • ソフトウェア保守業務
  • インシデントや障害に関する対応と管理

ハードウェア保守業務

ハードウエアは経年劣化により故障する可能性があります。

機器が故障してしまった場合は、データベースへのアクセスが出来ない、正常にシステムが稼働しないといった事象が発生するため、迅速な原因調査と復旧対応が求められます。

ココノスではハードウエア保守業務経験者が調査を行い復旧対応が可能です。

ソフトウェア保守業務

ソフトウェアの本番リリース後に発生する障害やバグの発生、機能の改善や追加、利用環境の変更などが発生するケースが見受けられます。

稼働の信頼性を上げ、より良い使い勝手とするべくメンテナンスが必要となります。

ココノスでは障害復旧、バグ改修、機能追加のソフトウェア保守経験者による対応が可能です。

インシデントや障害に関する対応と管理

システムを運用する中で、潜在バグや予期せぬ処理が行われた事に起因して、大規模な障害となることが起こり得ます。

この障害が発生するとサービス提供が行えなくなり、大きな損害が発生する可能性が高いです。

障害発生時は復旧スピードが最も重要視されるため、直接原因を発見し迅速な緊急対応を行い、緊急対応後には根本原因の調査と恒久的な対応が必要となります。

ココノスでは障害管理のノウハウのある技術者が対応いたします。

システム開発のお悩みはココノスへ

まずはお困りのことをご相談ください。
ココノスは皆様のお悩みと向き合い、最適なプランをご提示いたします。

PAGE TOP